目が悪いと嫌な思いをする

Posted on 6月 14, 2015 by

自分でも経験があるのですが、目が悪いと嫌な経験をすることがあります。
そのいい例が免許に視力矯正の文字が印刷されることです。眼鏡をしていないと運転ができないというあの文字です。
別に日常生活に問題がないのに、運転をする時には必ず眼鏡をしなければならない、そんなのは嫌ですよね。
また、近視である場合には遠くのものが見えないということで、学校の席替えで前の席にされるなんてことも嫌です。
自分では後ろからでも見えるという主張をしていても、眼鏡をかけていることで前の席にされる。
自分の主張が受け入れられないことは苦痛です。
確かに今では眼鏡もお洒落なアイテムとして進化しています。視力を落としさない為の眼鏡まであるくらいですから、
眼鏡自体進化していると言えるでしょう。
でも、本当は視力がいいことに越したことはないのです。目が悪い人からすると視力が戻るならば
なんでもするという人がいると思います。それだけ目が悪いことで嫌な思いをしてきたということでしょう。
経験がないわけじゃないからわかりますが、目が悪いことで様々な部分で阻害されることがあるのです。
その度に嫌だなと思うのです。

視力回復法が本当にあるなら、それをちゃんとやってみたいと思う今日このごろです。