年齢がバレてしまう手の甲の老化の悩み

Posted on 9月 17, 2018 by

20代半ばを過ぎてから色々と自分の身体や外見を最近分析するようになりました。

何となく高校生から20歳前後までは同じような感覚で、肌や身体の老化のことは考えたこともありませんでした。しかし、25歳はお肌の曲がり角と言われるように、年齢が出る首や手の甲の老化にも目を向けるようになりました。手の甲に関しては、今年の春先にお料理教室に一度体験で通った際、40代の女性の生徒さんが真隣にいて、手の甲の血管が結構浮き出ているなと思ったのです。すると自分の手の甲を見てみたら、なんとその女性ほどではなくても、自分も少しは浮き出ていることに気付き、ショックを受けました。自分も確実に老化していることを自覚した瞬間でした。そこから年齢がバレてしまう手の甲の老化の悩みがつきません。手の甲の老化に関しては、シワはまだ気になったりしませんが、考えてみれば子どもや赤ちゃんは血管が浮き出ることはないということを思い出しました。テレビでやっていたのですが、両手を上げて手をヒラヒラ動かし、元に戻すと、数秒ですが血管が目立たなくなります。それを意識的に一日に何度かやるようになりました。そして手の老化を少しでも遅くするために、ハンドクリームもしっかり塗るようになりました。顔のスキンケアばかり気にしていましたが、年齢がもっと出るのは手だったりするので、これからは気を付けたいです。