歯のクリーニングとは違うのですか?

Posted on 7月 31, 2018 by

クリーニングは、歯の表面や歯周ポケットに隠れている歯垢や歯石などを取り除いていきます。
そして、歯に付着する煙草のヤニやコーヒーの着色なども落とすことも出来ます。
歯のクリーニングは3ヶ月から半年の定期的な治療を続けることで予防効果が高くなります。
しかし、歯のクリーニングの大きな目的は虫歯や歯周病の予防で、歯を美しくするだけではありません。
歯のクリーニングとは歯の表面についた色素を落とし、色を元通りにすることです。
ヤニや茶渋で歯が黄色くなっている場合があり、歯のクリーニングだけでも白く出来る場合があります。

もし1年以内に歯のクリーニングをしていないのなら、まずはクリーニングをしてみましょう。
ホワイトニングをするためにも歯のクリーニングは必要になります。
歯の表面に汚れや色素が付いていると、ホワイトニング剤の成分がこの汚れに吸収され、効果が半減します。
歯を白くするためには、歯のクリーニングをすることです。
歯のホワイトニングは、歯の表面の色素を落とすクリーニングとは違い歯自体の色を白くしていきます。

ホワイトニングの歯磨き粉でおすすめを知りたいならこちらを参照