葬儀費用を安くする方法

Posted on 7月 21, 2018 by

葬儀費用には、会食や返礼品などに使用する食接待費というものがあります。
食接待費以外には寺院に支払うお布施といった費用もあります。
葬儀費用で最も費用が大きいのは、葬儀そのもの費用となります。
葬儀に関する日本消費者協会のアンケートの結果では、葬儀社に支払う費用の平均額は122万円ほどです。
その額に飲食費やお布施がプラスされて、葬儀全体の平均費用は約189万円まで上がってしまいます。
葬儀費用自体は年々減少傾向にはありますが、まだ高額な費用がかかってしまっている状況です。
最初に葬儀社より提示された金額よりも、最終的には請求額が増えてたということが少なくありません。
金額が高額となるのは、火葬料や斎場利用料といった葬儀社のサービス以外の部分の費用が入っていないことが原因です。
このように最初に提示された金額だけでは一般的な葬儀が出来ないということがあります。
祭壇の大きさを変えたり、花の量を増やしたり、葬儀のオプションが積み重なり、葬儀費用が膨れ上がるのです。
大事なことは、見積もりの段階で最終的な葬儀費用をしっかりと取ってもらうことでしょう。

家族葬を安い費用でしたいならこのページが参考になります