缶の進化の裏にはコーヒーあり!?

Posted on 11月 3, 2016 by

今やコンビニでも自動販売機でもお手軽に手に入るのが缶コーヒー。コーヒーを手軽に楽しめるアイテムとして昭和の時代から今日現在に至るまで、本当に様々な会社から多種多様な製品が生み出されてきました。

その中には缶自体に特殊な構造が隠されており、飲み口を通常よりも広くすることでコーヒーの香りをより楽しめるようなものやデミタスカップで飲んだ時の様な雰囲気を醸し出してくれるデザインとサイズ感のものもあると言われています。これらはもちろん、缶コーヒーを美味しくしたい!という販売各社の熱意と努力の元に発明されていったプロダクトたちです。

元々缶の飲料はそこまで繊細な味わいを求める様な性質ではなかったため、昔は缶のデザインも構造も画一的で、みんな同じでした。しかし、コーヒーだけは話が別。飲み口や缶の構造によって味わいが変わってくることやユーザーが違いについて「わかる」様になってきたことを受け、製造各社が必死に缶の構造を変えてまで上質な缶コーヒーを製造するようになったと言われています。

缶の進化にも、コーヒーが大きく貢献しているのですね。
ドルチェグスト ピッコロプレミアムについて