使いやすさを最優先に

Posted on 10月 20, 2016 by

チラシもホームページも自由にデザインできます。そして人の手、目にいくらでも触れられるということで、販促ツールとしては非常に優等生です。デザイン自体でいくらも人を集められます。

チラシは仕上がったら人の目に触れる方法を考えます。あなたのできる範囲で世の中に進出する方法です。基本的には駅やバス停など、カフェやレストラン、置いてくれる場所ならどこでもよいでしょう。せっかく実力のあるチラシも人の手に渡らなければその実力は無駄になります。どうしたら見てくれるかを考えてください。

ホームページに関してはまずは使いやすさを最優先に制作に取り組んでください。いくら商品が有能でも、情報を入れ過ぎてはいけません。どういうことかというと、例えば写真がたくさんありすぎて重いホームページ、つらつらと長い文章がぎっしりつまったホームページ。いいイメージはありませんよね。サーボスや商品がメインとなっているか、何が言いたいのか一瞬でわかるかがカギとなります。余白がなく全体的にがちがち、こみこみのホームページ、またはチラシであっても、最後まで読んでもらえる可能性は低いと推察されます。適度な余白は感覚としても余裕が感じられ、お客様が把握するスピードをアップさせてくれます。ぜひそのようなデザインを心がけてください。新潟,ホームページ,制作