交通事故治療・問診票で聞かれること

Posted on 8月 3, 2016 by

交通事故治療の問診票で聞かれることは、事故状況や受けた体の細かい情報です。

分かる範囲内でよいので、交通事故専門の問診票にきちんと記載していきます。痛みがある所や違和感、頭痛などの体の不快感についても、気が付いたことは何でも問診票に記入します。患者が記入した問診票を元に、診療を行います。むち打ち症は体の奥の筋肉の腫れや炎症がおきやすく、首と首を支える筋肉の硬直が見られます。それを確かめながら、問診票を見て触診と共に細かく症状を質問していきます。問診票と触診を重ねることで、医者はけがの状態を把握していくのです。医師は、交通事故治療にあわせて問診をしていきます。問診票では、事故が発生した日時と状況、医師の診断内容、ケガの症状、取扱い保険会社の確認などが聞かれます。それを参考にして、保険会社への手続きを行います。その後、怪我の状態を触って確認し、痛み具合や腫れ、患部に熱をもっているか、あるいは機能障害があるかなどをチェックしていきます。いくつかの検査やテストを行い、総合的に調べた後で、治療プランを構築していきます。

ばね指 腱鞘炎 掃除