自毛植毛 術後の痛み

Posted on 8月 3, 2016 by

自毛植毛で懸念されるのが、術後の痛みです。術中は術前の局所麻酔により、痛みはほとんどありません。

また、術中の痛みもほとんどなく、麻酔の効果もあって、ゆったりと食事を楽しめるぐらいです。しかし、術後は麻酔が切れるので、どうしても痛みが出てきます。ただどのくらいの痛みというのは一概には言えず、個人差があります。自毛植毛での術後の痛みのピークは、その日の夜から翌朝までが多く、鎮痛剤を処方すれば、耐えられないほどの痛みではありません。また、それ以降は鎮痛剤なしで通常の生活を送れる場合がほとんどです。

たまに年間で1~2人ぐらい、ごく稀に1週間程度、鎮痛剤を服用する人もいますが、極めて少なく、術後の痛みといってもそれほど心配する必要はありません。ただし、自毛植毛の手術後の飲酒は痛みが出やすくなるので、避けなければなりません。また、喫煙は傷の治りを悪くするのでタバコは吸わないことです。飲酒や喫煙は、移植毛の生着率を下げる可能性もあるので、手術前日~術後1週間ぐらいは、禁煙、禁酒を徹底するようにすることです。

太陽光産業用いくら?