URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器で

Posted on 6月 23, 2016 by

UQ WiMAXに申し込むと、その機能性の高さに驚かされます。
自分が思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、通信制限のせいでイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。UQ WiMAXのサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが一般的です。


なぜならば、25ヵ月間縛りの契約をする事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。しかも、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結局のところ、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではないですが、割引きが適用されるのは毎月の事ですから、リーズナブル感は積もり積もって大きいものとなります。ワイマックスと言うサービスがありますが、このインターネット通信サービスって、7G制限が行われない分、少しは使い勝手が良い点が特長となります。そこで、それなりに通信を行なうと言う方にしてみれば、特に気になるモバイルサービスでは無いでしょうか?通信制限を考えたくないのならば、導入するのも良いでしょう。(UQ WiMAXのキャンペーン特典で、お得にサービスを利用にて)

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器で、バッテリーを内蔵していない関係から、使用用途は屋内使用のみに限定されています。

そんな面はありますが、可動式の高性能アンテナが外部に取り付けられていて、受信性能の良さが特徴の一つになっています。
加えて、同時に16台もの端末をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線で接続する事が可能です。
しかも、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますので、帯域制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスで、その中でも月額最安プランが特徴的です。月額最安プランと言った料金プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要となる点が挙げられます。

 

ですが、一定の条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結局のところ初期費用を支払う必要が無くなります。その上、いつでも他のインターネットサービスに契約を移る事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で契約したその日中に発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。
昨今、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。

 

例として出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。または、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用してます。

どこの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

 

WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。それほど長い契約期間になっていますから、きちんとしたところと契約を行いたい所です。

結構見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。カスタマーサービスの受付日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、ちゃんと判断してから契約を行いたいものです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額362円のサービスもあります。
このオプションサービスは何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の提供しているWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供しているUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。

サービス対象となるアクセスポイントは全国10

 

000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで利用する事が可能です。

Wi2エリアの中には別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った金額分はGMOポイントで還元して貰う事が出来ます。WiMAXと契約を行う時、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。
中でもお勧めなのは、公衆無線LANサービスでしょう。UQ WiMAXでしたらUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

 

どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスになります。
UQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX機器も登場しています。au 4G LTEはauの通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線です。

800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。WiMAXの醍醐味は、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他社モバイルインターネットなら、帯域制限が恐ろしくて映画など見てられません。平気な事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。
だけど、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
モバイルインターネットサービスには、WiMAXのようなサービスが多々あります。
具体的に言うと、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。
ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、下り最大通信速度はわずか3Mbps程度です。

 

ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、速度制限時のWiMAXよりも低速です。従って、速度制限は無いものの、WiMAXと比較すると、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線を扱えるものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、広いゾーンで利用出来ます。そして、800MHzのプラチナバンドを使用してますから、奥まった部分にまで電波が行き届きます。

代わりに、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、通信制限が普通に適用されます。

人気のWiMAXとは言えども、通信量に注意を払いながら使用するのが肝心です。他のモバイルサービスと比較すると、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。そうは言っても、速度制限が全く無いと言うことではありませんから、どう言った場合に速度制限が掛かるのかを知っておくのは重要です。
けれども、速度制限がかかった場合においても、YouTubeの動画位なら普通に観れる通信速度は確保する事が出来る様にはなっています。WiMAX通信に対応したデータ通信機器は、年々新しいものが発売されます。

それぞれによって機能が異なり、便利さも違います。

 

そんな中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14のお披露目です。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが存在します。
圧倒的に月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ条件を付けない中であると、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。

ですけれども、auスマートバリューmineに対応していませんので、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。
その上、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。
WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルとのセット販売で22750円もします。
結構な値段となりますので、WiMAX契約の際の負担になってしまいます。ですから、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そんなプロバイダを選べば良いです。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。対象となるWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を利用する事が出来るようになります。WiMAX端末を所持してなくても使用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いので、とても評判のあるサービスとなっています。WiMAXの通信を行なう為に、専用のWiMAX端末が必要です。
WiMAX端末の種類は豊富で、WiMAXはどんどん利便性が増しています。例を挙げると、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。

それから、年々通信速度も速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が倍に向上しました。
URoad-StickはUSBタイプの軽量かつ小型のWiMAX端末で、持ち歩き性が良くて利便性が高いです。URoad-StickをUSBポートに挿し込む事により、電気をまかないながら扱う事が出来ます。

ややこしい設定も行わずに使用出来ますから、そう言う簡便性が人気のWiMAX端末となっています。使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が出来ます。WiMAXサービスのプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの豊富さも評判な理由です。

だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。
尚且つ、保証体制もしっかりしているので、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。気になるWiMAXの評判なのですが、様々な事が言われています。

一例ですが、電波がプツプツ途切れるだとか、そんな批判的な意見もあります。とは言うものの、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。
そう言う訳ですから、今と口コミの内容が合致しない場合も往々にしてあります。

WiMAXについて口コミサイトを調べる際には、古いものは信ぴょう性が落ちると認識しながら読みましょう。WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。プロバイダ毎に多少の違いはありますが、WiMAXの料金プランは2種類に分ける事が出来ます。その料金プランが何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランの2種類です。

ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、その代わりに7G制限がありません。

 

反面、通常プランは月々の金銭的負担が軽いものの、良い事だけじゃなく、速度制限の規制が厳しくなります。月にどれだけの通信量が必要かを考えながら、どちらの料金プランを選択するかを決めましょう。

So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの契約を行なう利点ですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が一つと言えます。その訳としては、So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点が好評なのです。付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用可能で、最大5台の機器までインストールする事が可能です。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの多様なリスクを減らす事が出来る点が、とてもありがたいキャンペーン特典です。

WiMAXの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。

ですから、auと連携したサービスが複数あります。そんな中で代表的なものが、auスマートバリューmineとなります。
WiMAXの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auのサービスの料金が安くなるサービスです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応して、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回り広範囲での通信を行えます。

 

更には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。
WiMAXサービスに申し込んだ事により、私のライフスタイルは一変しました。最も大きかったのが、スマートフォンで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。そして、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせず普通に視聴出来るになりました。周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、それほど厳しいものではないです。
ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。また、混雑回避の為の速度制限も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。
速度制限時であったとしても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が用意されているところも存在します。

具体例を挙げると、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員だけのオリジナル割引特典が付いて来ます。

DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やレジャー施設、また、温泉施設やインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスは幅広いですから、幅広い方にお得感を感じて貰う事が出来ます。WiMAXを使っていて感じる利点は、複数存在します。最初に思い浮かぶのが、無線を使ったサービスなので、どこからでもネット通信に対応しています。
続いて思い付くのが、モバイル回線って事で、インターネット開通工事が不必要と言う点が挙げられます。

更には、インターネットの回線工事は不必要と言う事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。なお、通信量による速度制限が厳しくないところも、WiMAXのメリットと言えるでしょう。