Bluetoothに対応してますから

Posted on 6月 14, 2016 by

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。
4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。この技術によって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになるのです。


それに加え、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。
URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX端末で、バッテリーが組み込まれていない為、使用用途は屋内使用のみに限られています。ですが、可動式の高性能アンテナが外部に取り付けられており、受信性能の高さがウリの一つとなっています。
また、同時に16台もの端末をWi-Fi接続出来る上、2台の機器をLANケーブルで有線通信する事が出来ます。また、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードに対応していますから、速度制限を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。現在、WiMAXのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。→UQ WiMAXの端末価格が安くなったって本当?

例を挙げれば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。どっちの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。
人気のWiMAXサービスではありますが、帯域制限に注意しましょう。他社のモバイルインターネットと比較すると、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。かと言って、通信速度は適用される可能性がありますので、仕組みをきちんと把握しておくと良いでしょう。

しかし、仮に速度制限になってしまったとしても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が出来ると言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。その他、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

キャンペーン対象となるWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスとなります。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良いですから、凄く人気の良いサービスになってます。
WiMAX通信専用のデータ通信機器は、次々と新製品が開発されます。それぞれによって性能が違い、便利さも異なります。

そんな中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売開始です。

このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。WiMAXの通信機器は、常に進化を続けています。その中でも、通信速度の改良は目を見張るものがあり、今は、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。
ところが、最近になって通信速度よりも、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。
最新WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。

どうしてかと言うと、回線の混雑を避ける為に設けられた3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にして実施される速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。
その為、メーカーもしくはユーザー的には、そこに対して過敏になっているのです。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすると、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貰えます。貯まったGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用する事が出来ます。BBウォレットの残高にお金を入れておくと、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。加えて、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに使用する事も出来ます。最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率が99%を超えている、かなり繋がりやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、物質を貫通したり回り込んだりして、奥まった位置まで電波が届きやすいです。
従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。

 

WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、いくらかある様に感じます。

最初に思い浮かぶのが、モバイルのネット通信ですから、どこからでもネット回線へのアクセスが出来ると言う点です。

 

続いて思い浮かぶのが、無線なので、インターネットの回線工事は不必要です。
その他にも、回線工事が不要と言う事で、毎月の通信費が低くなると言うメリットがあります。
他にも、速度の制限が厳しくないと言うところも、WiMAXの人気の秘密と言えます。
WiMAXサービスの口コミを読んでいると、様々な事が言われています。例を挙げるとすれば、通信速度が遅いだとか、そう言う悪い口コミもあります。とは言っても、WiMAXの通信環境は日々改善されています。そんな状態ですので、口コミの内容が現在は改善されていると言う事も多々あります。
口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。

 

月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXが存在します。
二度見するほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言う事になります。
でも、auスマートバリューmineには非対応なので、auにてスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
その上、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。
更には、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応していて、充電しつつのインターネットにも対応しています。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXには、通常3種類の料金プランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。更には、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。

不定期で、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。WiMAXを契約すると、WiMAX本体しか使わないので、室内がすっきりします。
固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要があります。

モデムには月々レンタル料金が掛かり、月額使用料金に追加課金されます。
方法として、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。WiMAXはサービスの契約時に料金プランを選ぶ必要があります。
プロバイダで違うので一概には言えませんが、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。
その料金プランとは、ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります。
ギガ放題プランの場合は月額料金が高額だと言うデメリットはあるものの、7G制限の無いお得な料金プランです。
それに対し、通常プランは月額料金が安いですが、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。
月間通信量がどれだけの量に達するかを把握しながら、一つだけ料金プランを選ぶようにしましょう。WiMAXの月々の料金ですが、驚いた事に、契約先で金額が異なります。
例を挙げると、Broad WiMAXの場合は最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は毎月の料金が割引きされます。この他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、契約25ヵ月目からの月額料金は高額になります。
こう言った風に、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を検討しましょう。

WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているとこもあります。例を出すと、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やレジャー施設、合わせて、スポーツクラブやインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が出来ます。

映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスは幅広いですから、幅広い人にお得感を感じて貰う事が出来ます。

周知の通りWiMAXには通信制限がありますが、言われているほど厳しいものではありません。WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。また、混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。
速度制限の時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、少し変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。

WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。そう言う理由から、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然異なります。

 

具体的には、3波のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダには提供されていません。

URoad-StickはUSBサイズの軽く小型のWiMAX端末で、持ち運びが楽で便利です。
URoad-StickをUSBポートに接続することによって、そこから給電しながら使用する事が出来ます。

難しいセットアップも不要で使えますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末となっています。使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度となると110Mbps出力する事が出来ます。

 

UQ WiMAXサービスを契約すると、その機能性の高さに驚かされます。

私が契約後に感じたのが、帯域制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。

 

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする事が無くなりました。

 

UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。

WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。
次々と新しい端末が発売され、WiMAXはどんどん多機能になっています。

WiMAXの回線も新技術が採用されていて、WiMAX端末はWiMAX回線しか使えませんでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線にも対応するようになりました。加えて、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

 

その理由として、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが著しかったからです。そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。

その他、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対応が取りやすくなりました。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも評判な理由です。だけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな理由としては、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。それに加え、保証体制もしっかりしているので、それが評判を支える大きな要因となっているのです。

WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を取られてしまいます。
そんな長い契約期間になっていますので、きちんとしたところと契約をしたい所です。
結構見落とされがちな部分が、各契約先のカスタマーサービスの対応です。

 

コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、ちゃんと判断してから契約を行いたいものです。ワイマックスってインターネットのサービスですけれど、この通信サービスは、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。

ですので、ある程度は通信を行なう使用目的があるのであれば、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。帯域制限を気にせずにインターネットを行いたいというのであれば、検討事項にしてみても良いでしょう。

 

モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。一例を挙げると、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEがあります。

 

このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、上り下りの最大通信速度は3Mbpsほどしか出ないです。
この通信速度って、速度制限時のWiMAXよりも低速です。そう考えると、速度制限は無いものの、WiMAXを例に出すと、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。WiMAXと契約を申し込む折、様々なキャンペーン特典が付いています。
中でもお勧めなのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXだったらUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。