どっちの保証制度にしても

Posted on 6月 13, 2016 by

現在、WiMAXの契約先の中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。

例として出せば、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を用意しています。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用してます。
どっちの保証制度にしても、違約金を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。WiMAXサービスに申し込んだ事で、私の日常は一変しました。一番変わったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は消費しなくなった訳です。
そんな事から、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。
Speed USB STICK U01はUSBタイプの小型なWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX機器です。その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。(BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス ギガ放題の料金や特徴参照)

 

他にも、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますから、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が出来ます。

 

Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵してませんので、USBポートから常に給電しながら利用するタイプのWiMAX端末となります。
WiMAXの中でも、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を最も持っていますし、トラブル時のフォローも最も迅速かつ的確で、電話サポートの受付け時間も最長です。

ですが、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店と契約を行なうと言う手段もあります。代理店ならキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。
WiMAXサービスの月額料金ですけど、驚く事に、契約先で金額が異なります。具体的に言うと、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が値下げされます。それ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高額になります。

 

こう言った感じで、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を決めましょう。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダがあります。

Broad WiMAXの強みとしては、月額の使用料金が安い点が挙げられます。それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。
WiMAXサービスを運営するプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。
ですので、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然違います。
具体的には、3回線のキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダにはランナップされていません。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。
WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判のあるサービスになってます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信に対応しています。

その他、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の全く違うところと言えます。人気のWiMAXと言うサービスについて調べると、色々な意見があります。詳しく言うと、通信速度が実用レベルじゃないだとか、そんな悪い意見もあります。

そんな状況ではありますが、WiMAXの基地局の数は年々増えています。そんな訳で、現状とは状況が異なるケースが多いです。口コミサイトでWiMAXについて調べる事もあるでしょうが、あまり古い口コミは信用しないようにしましょう。
UQ WiMAXじゃなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX機器です。これだけ速い通信速度を出す事が可能になる秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあるのです。

この3波を使用したキャリアアグリゲーションですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現可能にしている訳なのです。
ただ、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限度がある為、選択出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。

UQ WiMAXサービスを契約すると、その利便性の良さにビックリさせられます。私がWiMAXと契約後に感じたのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルでは無くなるのです。

WiMAXの通信端末は、性能アップしたものがラインナップされ続けています。際立って、通信速度の改良は目まぐるしく、現在のところ、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。

 

しかしながら、近頃は通信速度よりも、総通信量がどれだけ達したかに対する注目が見られます。
新しいWiMAX機器のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。どうしてかと言うと、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。って事で、製造会社及び使用者的には、そこに対して配慮した機能にニーズを見出しているのです。
流行りのインターネットサービスの動きを観察していると、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。
契約した建物内でしか使用する事が出来ない従来の固定回線とは異なり、とても利便性が大きいのが特徴です。

 

モバイルのインターネットサービスは、不安定なんじゃないかと言う部分があります。

とは言え、モバイル関連の基地局の数は増える一方ですから、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。って事で、無線だからと言っても、使い勝手は悪く無いです。
WiMAXサービスと契約を申し込む際、様々なキャンペーン特典が付与されます。
中でもお勧めなのは、公衆無線LANのサービスでしょう。UQ WiMAXとなるとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスになります。

WiMAXを契約すると、WiMAX機器しか必要ないので、室内がさっぱりします。

光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。
モデムは月々レンタル料金が必要で、毎月の使用料金に上乗せされます。

手段として、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますが、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。

URoad-StickはUSBサイズの軽く小型のWiMAX端末で、持ち歩き性が良くて便利です。

URoad-StickをUSBポートに挿し込む事で、そこから電気をまかないながら扱う事が出来ます。難しいセットアップも不要で使用出来ますから、そう言う手軽さが評判のWiMAX端末となっています。

対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度となると110Mbps出力する事が可能です。

WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますから、きちんとしたところに申し込みを行いたい所です。
意外と見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの応対です。

コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。

 

WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXには、普段3種類の料金プランがあります。

28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月々の料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。
その他、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。たまに、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからなのです。

そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。なおかつ、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTEはauの通信回線で、人口カバー率が99%を超えると言う、とても受信しやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、障害物を貫通したり回り込んだりして、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。従来のau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。WiMAX端末のサイズは、スマートフォンよりも小型です。
そう言う事で、カバンに入れて持ち運びできます。
ポケットに入る大きさですし、重さも厚みも大した事無く、ポケットに入れても余裕があります。

WiMAXルーターは、スマホアプリを使って操作可能です。と言う訳で、ワイマックス端末をカバンの中に入れ、そのまま使用する事も出来ます。
電気屋にて、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。WiMAXユーザーの私ですから、当たり前の事ですが、そんなもの必要ありません。

 

販売員に必要ないと伝えたところ、呆れるような返事が返って来ました。

WiMAXは、強風の日とか使えなくなるでしょう?しかし、今までWiMAXを使用して来て、天気悪化でWiMAXが使えないと言う経験はいまだかつてありません。強風で大荒れの天候の日もありましたが、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。
WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択が必要です。プロバイダにより異なりますが、2種類の料金プランが存在します。

それは一体何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランの2種類です。
ギガ放題プランの場合は若干月額料金が高くなりますが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。
その一方、通常プランと言う料金プランの場合は安さが売りですが、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。

どれだけ通信を行なうか自分の環境を検討しつつ、どちらの料金プランにするかを考えましょう。
月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが挙げられます。

圧倒的に月額料金が安いプロバイダですので、色々と条件を付けない中であると、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。

ですけど、auスマートバリューmineに対応していませんので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダだと言っても過言ではないでしょう。合わせて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。
UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他社モバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。

平気な事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?一方、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。UQ WiMAXのサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約プランが基本です。
その訳は、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事によって、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。
合わせて、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結局のところ、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。
500円と聞くと大した金額ではないですが、割引きは毎月の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社のUQコミュニケーションズです。そう言う理由から、auに連動したサービスがいくつかあります。
その中でも代表的なものが、auスマートバリューmineと言うサービスです。WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスとなります。確かにWiMAXには速度制限がありますけど、そんなに厳しいものではないです。WiMAXのギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。

 

帯域制限の時であっても、動画を観る事が出来る通信速度はキープされます。

WiMAX専用の端末はいくつかラインナップされています。
WiMAX端末は新しい端末が次々と登場するので、WiMAXの技術力は次々と上がっています。例として、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。しかも、通信速度が毎年向上して来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された時も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。