ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです

Posted on 6月 11, 2016 by

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX端末です。

これだけ速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションと言う技術にあるのです。

この3波CAですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を達成出来ている訳なのです。
しかし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがあるので、利用可能なキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。WiMAXサービスの利用の際、料金プランが幾つかあります。
プロバイダ毎に少し異なるものの、WiMAXの料金プランは2種類に分ける事が出来ます。

 

その料金プランが何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。(UQ WiMAXの端末価格はいくら?から)

ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。
逆に、通常プランは月額料金が安いですが、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。

自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、どちらか片方の料金プランに決めましょう。

WiMAXサービスの中において、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。
WiMAXサービスに対して情報を最も持っていますし、問題が起きた際の対応も最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も最長です。けれども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店と契約を行なうと言う方法もあるのです。
代理店ならキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXが挙げられます。
二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と条件を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言う事になります。だけども、auスマートバリューmineには非対応ですので、auにてスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
更に、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。
周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、それほど厳しいものではありません。
ギガ放題プランにて契約すると、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。
また、混雑回避の為の速度制限も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。速度制限時であったとしても、動画を観る事が可能な通信速度はキープされます。利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。

 

他のモバイルサービスと比べ、WiMAXの速度制限の規制具合は緩いです。

とは言え、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、そう言う配慮も必要となります。だけども、速度制限がかかった場合においても、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。
WiMAX通信を行なう端末は、機能向上されたものがラインナップされ続けています。
中でも、通信速度の向上が際立って、現時点で、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。
さりとて、最近になって通信速度よりも、総通信量に対する注目が集まっています。

最新WiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。

その理由ですが、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にした速度制限、これが厳しくなったからです。なので、製造会社及び使用者としては、ここに対しての関心事が高まっているのです。WiMAXを利用する際、注意する速度制限は二つあります。まずは、月間データ量による速度制限と言う、7G制限って呼ばれているものです。
二つめは、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものです。

ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。

しかし、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。
WiMAXに申し込めば、その機能性の良さに驚かされます。

 

私が契約後に感じたのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。WiMAXサービスですが、この通信サービスは、帯域制限が厳しくないところが人気の秘密です。だから、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、特に一押しのモバイルインターネットサービスと言えます。

通信制限をいちいち気にしてられないのならば、検討事項にしてみても良いでしょう。Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbps出る部分が特徴のWiMAX機器です。その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う機能にあります。

 

更に、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますから、人口カバー率99%と言った広い通信エリアを利用する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんので、USBポートから給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。

その結果、下り最大通信速度が従来の110Mbpsから、二倍の220Mbpsとなる訳です。
また、Bluetoothと言う機能に対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。

 

加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いな訳です。

WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますから、きちんとしたところと契約をしたい所です。意外と見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。
コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。WiMAXと言うモバイルサービスの提供元は、auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです。

従って、auに連携したサービスがいくつか存在します。
そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineになります。
WiMAXサービスの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。WiMAXに関して調べていると、色々な意見があります。一例ですが、電波がプツプツ途切れるだとか、そう言った意見もあるにはあります。

 

とは言っても、WiMAXの通信環境は日々改善されています。

と言う事で、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。口コミサイトでWiMAXについて調べる事もあるでしょうが、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。
WiMAXの特性としては、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。
無線を利用しますので、どんなトコからでもインターネットアクセスが利用可能となります。それに加え、WiMAX端末は小型ですので、どこでも持ち運びが出来ます。

そんな部分を考えると、タブレットとの相性が抜群です。そう言う部分から、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXは、普段3種類のプランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。その他にも、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。
まれに、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、こちらはいつもラインナップされている料金プランではありません。

 

新たにWiMAXサービスを導入した事で、私のライフスタイルは一変しました。

一番大きかったのが、スマホ通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホの通信量は消費しなくなった訳です。
そして、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。

WiMAX端末は普通の価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。
かなりの金額となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。そう言うわけで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますから、そう言うプロバイダを選択するとベストです。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応しているエリアが拡大しています。

なおかつ、au 4G LTE対応はHWD15から踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応してて、充電しながらの通信も可能です。
現在、WiMAXの契約先の中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。

例を挙げると、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用してます。
いずれの保証制度にしても、契約解除料を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。
WiMAXの契約先となるプロバイダは、数社あります。
契約するプロバイダでキャンペーン特典の内容が違いますから、その部分では、注意が必要となります。

 

たとえば、様々なネットサービスを無料で利用したいと考えている方は、PEPABO WiMAX 2+が合っています。ですから、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、ちゃんとプロバイダ選びは行いたいものです。
WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が用意されているところもあります。
具体例を挙げると、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダだと、DTI Club OffってDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、日本全国にある旅館やレジャー施設、それに加え、温泉施設やインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。
映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスは幅広いですから、色んな方に価値を感じて貰う事が出来ます。携帯型タイプのインターネットサービスは、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。

 

具体例を挙げると、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。
ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、下りの最大通信速度はたった3Mbpsしか出ません。

ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅いです。従って、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXと比べると、いつも速度制限状態と変わりありません。UQ WiMAXのサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約が一般的です。
その訳は、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月額料金が500円分割引きになるトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。なおかつ、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結果的に、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんが、割引きは月単位の事ですので、お得感は積もり積もって大きいものとなります。

 

WiMAXを入手すると、WiMAX本体しか必要ないから、室内がさっぱりします。

固定回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。

 

モデムは月々レンタル料が掛かり、月々の料金に上乗せされます。他には、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

 

その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが著しかったからです。そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。なおかつ、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応がしやすくなりました。WiMAXサービスを販売するプロバイダの中に、Broad WiMAXといったプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特徴には、月額料金が安い部分が挙げられます。

その分初期費用が高いのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。
契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線です。800MHzと言った低周波数域を使用したプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりして、奥まった位置にも電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大しています。