ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します

Posted on 6月 10, 2016 by

WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXには、通常は3種類の料金プランがあります。

28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。

その他、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。
随時、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、こちらはいつもラインナップされている料金プランと言う訳ではありません。
WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このネットサービスって、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。(WiMAXサービスは、UQ WiMAXが評判!にて)
だから、たっぷりとネット通信を行なう方の場合、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。

帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、契約を考えてみてはいかがでしょう?WiMAX通信に対応した機器の大きさは、ポケットサイズです。

ですから、持ち出しに便利です。

 

ポケットに入る大きさですし、重さや厚みは大した事無くて、お財布と一緒に入れる事もできます。ワイマックス対応の通信機は、スマホアプリを使用して操作する事が出来ます。
そう言う事で、ワイマックス対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用する事もできます。
WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。
例を出せば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club Offと言うDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やテーマパーク、そして、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。
映画や展覧会、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、色んな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。

この所、WiMAXのプロバイダの中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

例を挙げれば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。
その他、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。どちらの保証制度にしても、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

WiMAXの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言うところにあります。
他のモバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。

 

問題ない事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?だけど、WiMAXだったら堂々と映画が視聴出来ますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXに関して調べていると、ポジティブな意見ばかりではありません。
一例を挙げると、通信が途切れるだとか、そんな話も目にします。

ですが、WiMAXの基地局の数の向上と共にWiMAXの環境は良くなっています。そんな訳で、口コミの状態が今も続いているとは言い難い状況にあります。口コミサイトでWiMAXについて調べる時には、口コミが投稿された日付けから先に確認しましょう。モバイルのインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスが存在します。一例を挙げると、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEがあります。速度制限の無いぷららモバイルLTEではあるのですが、最大通信速度が3Mbpsほどしか出ないのです。
ぷららモバイルLTEの通信速度ですが、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅いです。つまり、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXで言うと、速度制限が掛かり続ける状態でのサービス利用と同等です。WiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は大きく変わりました。
最も大きかった事は、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。ですから、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。
WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると違約金を請求されてしまいます。
それほど長い契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約をしたい所です。

意外と見落とされがちなのが、各契約先のカスタマーサービスの応対です。
電話対応が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。
UQ WiMAXを契約すると、WiMAX機器しか必要ないので、部屋がすっきりします。
光回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要があります。モデムには月々レンタル料金が掛かり、毎月の使用料金に上乗せされます。

また、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する月はレンタル料金を請求されてしまいます。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載して、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。
この結果、下り最大通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになるのです。
他にも、Bluetoothと言う機能に対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。

 

WiMAXの機器は、機能向上されたものがラインナップされ続けています。
その中においても、通信速度の向上は目を見張るものがあり、現時点で、220Mbpsと言う速い速度に達しています。
とは言うものの、最近は通信速度よりも、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。と言うのは、回線の混雑を避ける為に設けられた速度制限、この適用が厳しくなって反発するユーザーが続出したのです。
そう言う訳で、メーカーもしくはユーザー的には、注目がここに集中していると言えます。

WiMAXサービスの提供元となるのは、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズです。そう言う理由から、auに連動したサービスがいくつかあります。

そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auの月額料金が安くなるサービスとなります。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りくらい広いエリアでの通信に対応しています。更には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いな訳です。
WiMAXを使用する際に、注意する速度制限が二つあります。まずは、月間データ量による速度制限と言われている、7G制限と呼ばれているものがあります。二つ目は、混雑回避の為の速度制限と言われるものです。

ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除されます。

ただ、混雑回避の為の速度制限に対しては適用されます。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。

ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。更に、三日間の総通信量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応がしやすくなりました。

WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが提供するWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。月額500円掛かる有料サービスですから、6000円分のお得感があると言えるでしょう。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っており、そのラインナップの多さも評判な理由です。
ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。

 

それに合わせ、保証内容もしっかりしてるので、それが評判を支える大きな部分となっているのです。UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間の契約プランが一般的です。

 

その理由は、25ヵ月間継続の契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額料金が500円分割引きになるトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。それに、申し込みから26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、その結果、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くと大した金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは毎月の事ですから、お得感は毎月重なって大きくなります。
WiMAX端末の機種においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。

 

合わせて、800MHzのプラチナバンドを使っていますから、奥まった場所にまで電波が行き届きます。一方で、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。WiMAX機器は普通の価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。
結構な金額になりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。
ですので、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。
プロバイダによってはクレードルとセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。合わせて、au 4G LTEと言う機能はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。当然、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しつつの通信も可能です。

 

最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超える、とても繋がりやすい通信回線なのです。

800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がって来ています。
電気屋で、光回線に興味は無いかと店員に尋ねられました。

WiMAXで満足している私ですし、当然ながら、必要ないものです。
店員にそう言うと、想像してなかった返事が返って来ました。WiMAXと言うと、天気が悪い日には使えなくなるでしょう?しかし、これまで毎日のように使っているWiMAXではありますが、天気とWiMAXの受信具合を証明するような因果関係は見られません。

 

台風の中でも、WiMAXの受信具合が落ちたり等と言った経験は一度もありません。
周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、言われているほどハードなものではありません。

ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がないです。

また、混雑回避の為の速度制限の際も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。速度制限が掛けられた時であっても、動画の視聴が出来る通信速度は維持されます。WiMAXに申し込めば、その機能性の良さに驚かされます。
私が契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限のせいでイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも通信制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。WiMAXサービスの利用の際、料金プランが幾つかあります。プロバイダによって多少の違いはありますが、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。その料金プランですが、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。ギガ放題プランは月額料金が高いですが、その代わりに7G制限がありません。

それに対して、通常プランと言う料金プランは安いのですが、その分だけ速度制限の規制が厳しくなると言う点に注意しましょう。
月にどれだけの通信量が必要かを考えながら、自分に合った料金プランを選びましょう。

WiMAXの特長としては、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。
無線ですので、任意の場所からインターネットアクセスする事が出来るようになります。

 

また、WiMAX端末はポケットサイズですから、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。そう言う部分を考えると、タブレットとの組み合わせが良いです。そう言う部分から、プロバイダの中にはWiMAXとタブレットとのセット販売を行っているところもあります。WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。
新製品が次々と登場し、WiMAXはどんどん利便性が増しています。

大きな出来事で言うと、WiMAX端末はWiMAX回線しか使えませんでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を使い分ける事が可能となりました。
更に、通信速度も年々速くなって来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された際も、通信速度が倍に向上しました。