WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが

Posted on 6月 9, 2016 by

WiMAXサービスと契約を申し込む時、様々なキャンペーン特典が付いて来ます。中でもお勧めなのは、公衆無線LANが利用可能になるサービスでしょう。

UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。
どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。

WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、複数あります。各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、この部分、ご注意下さい。
具体例を言うと、安心感とキャッシュバック額の両方を両立したいのであれば、シナジーパートナーズがお勧めの契約先と言う事になるでしょう。

こういった風に、各プロバイダで契約内容は変わるので、間違いの無いプロバイダと契約を行いたいものです。

WiMAX通信を行なう端末は、性能アップしたものがラインナップされ続けています。
その中でも、通信速度の向上が目まぐるしく、現在は、下りの最大の通信速度が220Mbpsと言うスペックに達しています。

 

さりとて、最近になって通信の速さより、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。新しいWiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。(WiMAX 2+サービスを好条件かつ最安で利用するには?にて)

その理由は、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが適用されやすくなったのです。なので、製造会社及び使用者としては、注目がここに集中していると言えます。WiMAXサービスを利用していて感じる利点は、複数思い浮かびます。具体的には、モバイル回線って事で、どこにいてもネット通信を行なう事が出来ると言う点です。

続いて考えられるのが、モバイル回線って事で、インターネットの回線工事が必要ないと言う点が挙げられます。

 

他にも、回線工事が不要と言う事で、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。
そして、速度制限の規制が厳しくないと言う点も、なぜWiMAXを選ぶのかと言う理由になります。
WiMAX端末の中においては、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、幅広いエリアで利用出来ます。

それに、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった部分まで電波が行き届きます。
その代わりに、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、通信制限が普通に適用されます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応しているエリアが拡大しています。

そして、au 4G LTEと言う機能はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応していて、充電しながらの通信も可能です。

 

WiMAX通信に対応した端末は、次々と新製品が開発されます。

それぞれにより性能が違い、快適さも違います。その中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。

このWiMAX機器はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。

その技術によって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。
合わせて、Bluetoothにも対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングを行なう事が出来ます。
WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマホよりもミニサイズです。
その為、持ち出しに便利です。
ポケットに収まるサイズですし、重量も厚みも大した事無くて、お財布と一緒に入れる事もできます。ワイマックス機器は、スマホアプリを使用して操作する事が出来ます。

と言う事で、ワイマックス通信機をカバンの中に入れ、そのまま使う事も可能です。
UQ WiMAXのサービスの強みは、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。

他のモバイルインターネットサービスだと、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。
可能な事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位でしょう。でも、WiMAXならば堂々と映画が視聴出来ますし、一日中インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。これまで主流だった固定回線は持ち運び不可だったのに対して、とても便利なインターネットサービスとなっています。
とは言えどもモバイルですから、問題無くインターネットの通信が行えるのか気になる部分はあります。
とは言うものの、今のモバイルの環境は整備が整っていて、通信状態は安定しています。
ですので、モバイルって事ではありますが、不安定ではありません。

 

WiMAXのサービスに申し込んだ事により、私の生活は一変しました。
一番変化が大きかった事は、スマートフォン通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

 

Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は消費しなくなったのです。そんな事から、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせず普通に視聴出来るになりました。WiMAXサービスのプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを用意しており、そのバリエーションの豊富さも人気の秘密です。
だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。更には、保証内容もしっかりしてるので、そう言った点が人気を支える大きな部分となっているのです。
WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。ラインナップされる新製品は次々と登場し、新しい機能を持ったものが次々と出ています。例を挙げれば、WiMAXしか対応していなかったWiMAX端末ですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を使い分ける事が可能となりました。加えて、毎年通信速度が速くなって来ています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。
電器屋で、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。
でも、WiMAXを使っている私ではありますし、言うまでもなく、光回線を検討する事はありません。

WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、想定外の返事をされました。
WiMAXなら、天候が荒れたら受信が悪くなるでしょう?ただ、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、天気が荒れる事でWiMAXが受信出来なくなるなんて経験はありません。

 

大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXへの悪影響は経験した事がありません。WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。

プロバイダ毎に違いがあるのですが、大体、2種類の料金プランがあります。

 

その料金プランですが、通常プランとギガ放題プランです。ギガ放題プランの場合は若干月額料金が高くなりますが、7G制限の無いお得な料金プランです。
それに対して、通常プランは月額料金が安いですが、その分だけ速度制限の規制が厳しくなると言う点に注意しましょう。

 

月にどれだけの通信量が必要かを考えながら、お好みの料金プランで契約を行いましょう。WiMAXサービスを契約すると、この利便性の高さに驚かされます。私が契約後に思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルでは無くなるのです。

 

近頃、WiMAXサービスのプロバイダの中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。例を出すと、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証の制度を導入しています。
他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入しています。

いずれの保証制度にしても、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。

au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線で、人口カバー率が99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言った低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりして、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。

今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がっています。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。
その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからです。そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新しく導入されました。

また、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対応が取りやすくなりました。WiMAX端末は普通の価格が20000円しますし、クレードルとのセット販売で22750円もします。かなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の負担になってしまいます。って事で、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そんなプロバイダを選択するとベストです。UQ WiMAXを取得すると、WiMAX機器しか使わないので、屋内がさっぱりします。光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムには毎月レンタル料金が掛かり、月額料金に上乗せされます。

方法としては、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する際はレンタル料を請求されてしまいます。

WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

このセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。
本来は月額500円掛かる有料サービスなので、金額的に6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。
モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、速度制限を気にする必要があります。
他社のモバイルインターネットサービスと比べると、厳しい速度制限を設けていないのがWiMAXです。とは言え、通信速度は適用される可能性がありますので、通信速度の対象となる基準は把握しておきましょう。

 

しかしながら、速度制限が適用されたケースにおいても、使えないと言う程インターネットが遅くなる事はありません。WiMAXサービスを提供しているのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。例を出せば、DTI WiMAX? 2+と言うプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員だけのオリジナル割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やレジャー施設、その他、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。

 

なので、auに連携したサービスが複数存在します。その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineなのです。

WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスとなります。

WiMAXサービスの中において、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を最も把握していますし、トラブル時の対応も最も迅速かつ的確で、サポート対応時間も一番長いです。
ただ、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店と契約を行なうと言う方法もあります。

代理店だとキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。評判のWiMAXではあるのですが、良い意見ばかりではありません。
一例を挙げると、建物内では通信速度が落ちるだとか、そう言う悪い口コミもあります。

 

にしても、WiMAXの受信状況は日々向上しています。

と言う訳で、WiMAXの環境は口コミよりも良い場合が多いです。
口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、投稿された日付けを確認するようにしましょう。WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限は二つあります。一つ目が、月間データ量による速度制限って言う、7G制限って呼ばれているものです。ふたつめは、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。

ギガ放題プランへ申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外になります。
ただし、混雑回避の為の速度制限は適用となります。

モバイルのインターネットサービスには、WiMAX以外にも色々なサービスがあります。
例えばですけど、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。
速度制限が無いサービスではありますけれども、下り最大通信速度はわずか3Mbps程度です。
ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。そう考えると、速度制限が無いものの、WiMAXと比べるならば、速度制限が掛かり続ける状態でのサービス利用と同等です。