WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて

Posted on 6月 5, 2016 by

WiMAXを契約すると、その利便性の高さに驚かされます。
私が契約後に思ったのが、速度制限が厳し過ぎないと言う部分です。

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。


WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると違約金を請求されてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約をしたい所です。結構見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。コールセンターの営業日が休日は非対応だったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダもありますから、ちゃんと考慮してから契約を行いたいものです。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの中に、Broad WiMAXといったプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特徴には、月額の使用料金が安い点があります。

 

それだけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長く契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。(UQ WiMAXの契約でWiFiが無料になる!?より)
WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限は二種類存在します。
一つ目が、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限って言われているものがあります。

 

続いて、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。

ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。

ただ、混雑回避の為の速度制限に対しては適用されます。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。
このプロバイダが運営しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。本来は月額500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えます。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからなのです。

そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新しく導入されました。
他には、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対応がしやすくなりました。

周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなに厳しいものではありません。

ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。混雑回避の為の速度制限に関しても、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。

速度制限時であったとしても、動画を観る事が出来る通信の速さはキープされます。
WiMAXを取得すると、WiMAX本体しか必要ないので、部屋の中がすっきりします。
固定回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。モデムには月々レンタル料金が掛かり、毎月の料金に上乗せされます。
そして、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。
発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応している地域が拡大しています。
また、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しながらの通信も可能です。WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円も掛かります。

かなりの価格となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。
そう言うわけで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そんなプロバイダを選ぶとベストです。
WiMAXサービスを展開するプロバイダは、数社あります。
各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、この点、注意が必要となります。

一例ですが、出来るだけ安い月額料金でWiMAXを使いたいのであるのならば、Racoupon WiMAXがお勧めのプロバイダと言う事になります。
このように、各キャンペーンでお得感は違いますので、しっかりとしたプロバイダを選ぶようにしましょう。

 

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社のUQコミュニケーションズです。
そんな理由から、auと連携したサービスがいくつかあります。その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。

対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が出来るようになります。

 

WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良いので、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。
WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。専用のWiMAX端末は定期的に新製品が登場し、WiMAX端末の機能は年々強化されています。

具体的に言えば、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。

 

その他にも、通信速度が毎年速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が220Mbpsへと向上しました。

 

WiMAXサービスを利用していて思う利点は、複数存在します。
まず、モバイル通信と言う事で、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。次に思い浮かぶのが、無線を使ったサービスなので、ネット開通工事は行なう必要ありません。
そして、ネット回線工事が必要ありませんから、月々の負担額が減ると言う利点もあります。
他にも、料金プランによっては7G制限が無いと言う部分も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。WiMAXサービスと契約を申し込む時、様々なキャンペーン特典が付いています。
特に便利なのは、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスとなります。
UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。

それは、25ヵ月間継続の契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。それに、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結果、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くと大した金額ではないですが、割引きが適用されるのは毎月の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。
WiMAX機器の大きさは、スマホよりも小さいです。
と言う訳で、持ち出しするのに邪魔になりません。
ポケットサイズですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットに入れた状態で座っても大丈夫です。WiMAX通信機は、スマホアプリを使って操作をする事が出来ます。ですので、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用することが可能です。

モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。具体例を出すと、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。
ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。

この通信速度、速度制限時のWiMAXよりも低速になります。
だから、速度制限が無いとは言っても、WiMAXと比べると、速度制限が掛かり続ける状態でのサービス利用と同等です。
WiMAXサービスの月々の料金ですけど、なんと、契約先により金額が違います。具体例を出すと、Broad WiMAXは最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が値下げされます。

 

それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、契約25ヵ月目からの月額料金は高くなります。こんな感じで、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を検討しましょう。ちょっと前から、WiMAXのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。
例として出すと、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を用意しています。
あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。

いずれの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。
WiMAXはサービスの契約時に料金プランを選ぶ必要があります。

 

プロバイダ毎に違いがあるのですが、WiMAXの料金プランは2種類に分ける事が出来ます。その料金プランですが、通常プランとギガ放題プランの2種類です。
ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、たっぷりと通信を行なう事が出来るお得な料金プランです。反面、通常プランは安価なものの、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。自分のインターネットの使い方を検討しつつ、自分に合った料金プランを選びましょう。

WiMAXサービスを導入した事により、私の日常は大きく一変しました。
最も変化が大きかった事は、スマートフォンで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

 

Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は消費しなくなった訳です。

ですから、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を採用し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比べると、一回りくらい広いエリアでの通信に対応しています。
他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、広いエリアで利用出来ます。
更に、800MHzのプラチナバンドを使用していますので、隅々まで電波が届きます。
その代わりに、一度でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。某電機屋さんで、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。
WiMAXを既に使用している私ですし、無論、光回線は不要です。
と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、考えてなかった返事を貰いました。WiMAXなんか、天気が悪い日には使えなくなるでしょう?ですけれど、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、天気悪化でWiMAXが使えないと言う経験はいまだかつてありません。大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。
UQ WiMAXの醍醐味は、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他モバイルインターネットサービスだと、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。問題ない事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。一方、WiMAXなら普通に映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言うプロバイダがございます。

びっくりするほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であると、業界で最も安いWiMAXのプロバイダと言えます。でも、auスマートバリューmineには非対応ですので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。

それに加えて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までだけ対応となっている為、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載して、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。
そのテクノロジーにより、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言った速度から、倍の220Mbpsになるのです。

他にも、Bluetoothにも対応してますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。WiMAXと言うインターネットサービスがありますが、この通信サービスは、通信制限の規制具合が厳しすぎない点がポイントとなります。そう言う点で、十分にインターネット通信を行なう目的の人にしてみれば、ストレスを感じずに利用出来るモバイルインターネットサービスではないでしょうか?通信制限をいちいち気にしてられないのならば、導入するのも良いでしょう。