このWiMAX機器はau 4G LTE通信に対応し

Posted on 6月 5, 2016 by

Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。この技術によって、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsになる訳です。他には、Bluetoothにも対応してますから、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。


WiMAX通信専用のデータ端末は、次々と新しいものが発売されています。個々により機能が異なり、快適さも違います。そんな中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売開始です。
このWiMAX機器はau 4G LTE通信に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。WiMAXと契約を申し込む際、様々なキャンペーン特典が付与されます。

 

特に嬉しいのが、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。(UQ WiMAXの評判のポイントと特長とは?より)

 

WiMAXの魅力は、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。
無線ですので、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。加えて、WiMAX端末はポケットサイズですので、持ち運び性が長けています。
諸々の点を考えると、タブレットとの相性が抜群です。そう言う所から、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダも存在します。
WiMAXの提供元となるのは、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。
だから、auに連携したサービスがいくつか存在します。

その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。
WiMAXの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの月額料金が安くなるサービスとなります。月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが挙げられます。二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であると、業界で一番安いWiMAXのプロバイダであると言えます。だけれども、auスマートバリューmineには対応していませんから、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。また、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。
WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う利便性の高い通信回線で、幅広いエリアで繋がります。
また、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、奥まった場所まで電波が届きます。

その一方、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。なぜなら、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからなのです。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。なおかつ、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択が必要です。

 

プロバイダ毎に違いがあるのですが、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。その料金プランですが、ギガ放題プランと通常プランの2種類です。
ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、料金分以上に通信を楽しむ事が出来ますお得な料金プランです。
反対に、通常プランと言う料金プランの場合は安さが売りですが、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。
どんだけ通信量が必要なのかを検討しながら、料金プランの選択を検討すると良いでしょう。

WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますから、しっかりとしたところに申し込みを行いたい所です。

 

うっかり見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの応対です。
電話対応が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。モバイルのインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが多々あります。具体的に言えば、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEが存在します。ぷららモバイルLTE速度制限が無いと言う話は間違いなくそうですが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限の掛かったWiMAXよりも低速です。従って、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べれば、速度制限状態が常に継続するようなものでしょう。WiMAXサービスの月額利用料金ですけど、なんと、契約先で料金が異なります。具体的には、Broad WiMAXは最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が値下げされます。
それ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。

 

こう言った感じに、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを理解した上で契約先を決めましょう。
WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。

 

月々500円掛かる有料サービスですから、6000円分のお得感があると言えるでしょう。

 

WiMAXを提供するプロバイダの中に、Broad WiMAXといったプロバイダがあります。

 

Broad WiMAXの特色としては、月額の使用料金が安い点があります。

 

それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。契約から25ヵ月目以後は業界最安値のプロバイダですから、長い期間契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。

WiMAX端末は普通の価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円もします。結構な金額となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。ですので、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。WiMAX通信機のサイズは、スマートフォンよりもミニサイズです。
ですので、外に持ち出せます。

ポケットに収まる大きさですし、重さや厚みは大した事無くて、ポケットに入れた状態で座っても大丈夫です。

ワイマックス端末は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。ですので、WiMAX端末をカバンの中に入れ、そのまま使用する事も出来ます。WiMAXサービスのプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っており、そのラインナップの豊富さも人気の秘密です。
それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。それに加え、サポート体制もしっかりしていて、それが人気を支える大きな要因となっている訳です。

WiMAXサービスに申し込んだ事により、私の日常は一変しました。最も変わったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は消費しなくなった訳です。そんな事から、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合でも、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。

WiMAXを入手すると、WiMAX端末しか必要ないから、部屋の中がさっぱりします。固定回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要性があります。モデムは月々レンタル料金が掛かり、月々の料金に追加課金されます。手段として、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。WiMAXサービスに申し込むと、その機能性の良さにビックリさせられます。私がWiMAXと契約後に思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですけど、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルでは無くなるのです。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載し、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比べると、一回りほど広いエリアでの通信に対応しています。そして、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応しているところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。

WiMAXサービスの評判について調べていると、ポジティブな意見ばかりではありません。詳しく言うと、通信速度が遅いだとか、そう言った意見もあるにはあります。
にしても、WiMAXの対応エリアは毎年広がる一方です。
そう言う訳ですから、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、古いものは信ぴょう性が落ちると認識しながら読みましょう。WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。
WiMAX端末は新しい端末が次々と登場するので、新しい機能を持ったものが次々と出ています。WiMAXの通信回線もそうで、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。
加えて、通信速度が毎年向上して来ています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。
家電量販店で、光回線に入りませんかと、店員さんに話をされました。

ただ、私はWiMAXユーザーですし、必然的に、そんなものは不要です。
販売員に必要ないと伝えたところ、想定外の答えをされました。WiMAXだったら、天気が悪い日には使えなくなるでしょう?しかしながら、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。
強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXの受信が悪くなったり、そう言う経験は一度もありません。
最近、WiMAXの契約先の中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。
例として出すと、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入してます。
どの保証制度にしても、違約金を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社のモバイルインターネットサービスだと、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。
可能な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?そんな中、WiMAXならば普通に映画が観れますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
確かにWiMAXには速度制限がありますが、さほどハードなものではありません。ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。

帯域制限の時であっても、動画の視聴が出来る通信速度は維持されます。

次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、速度制限に注意しながら使用する必要があります。
他のモバイルインターネットサービスと比較すると、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。とは言えども、速度制限が適用されるケースもありますから、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。
とは言っても、速度制限がかかった場合においても、YouTubeの動画位なら普通に観れる通信速度は確保する事が出来る様にはなっています。
WiMAXのサービスを提供しているプロバイダと、数社存在します。

各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、その点、気を付けましょう。

 

具体例を挙げると、最も安心感のあるところとWiMAXの契約を行いたいと言うのならば、UQ WiMAXの一択になります。

こんな感じなので、各プロバイダでお得感は異なりますから、お得なプロバイダと契約を行なうようにしましょう。nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。
対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。

 

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。

 

WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良いですから、凄く人気の良いサービスになってます。