user112

疲労回復と自律神経

Posted on 12月 23, 2017 by

疲労は日頃、頑張りすぎている人に対して、体から出されるイエローカードです。放置すれば、仕事やパフォーマンスの質の低下させるだけでなく、食事をおいしく感じるなどの日々の楽しみがガタンと減少します。そして、寿命を縮める可能性にもつながってきます。「自律神経」という言葉を聞いたことのある人は多いでさほう。私たちの体内環境は、「緊張・興奮」をコントロールする交感神経と、「弛緩・鎮静」をコントロールする副交感神経がバランスよく働くことで、一定に保たれています。血流を多くしたり少なくしたりしながら栄養や酸素を適切に分配するーまるでアクセル(交感神経)とブレーキ(副交感神経)のような働きをしている、この自律神経によって、私たちの健康状態は、よい具合に保たれているのです。交感神経が働くことは、「よし、頑張れ」「活発で、力の入った」状態です。歩いたり、走ったり、考えたりという日中の活発な活動は、この交感神経によって、生み出されます。http://www.bonsvicius.net/

バドミントンのダブルスの戦い方

Posted on 2月 20, 2017 by

バドントンのダブルスはテクニックや展開のスピードとともに大切なのは、パートナーとのコミュニケーションです。とくに試合では、どちらかの選手の弱点を狙われたり、どちらがとるか微妙なところに落とされたり、ペアの雰囲気が悪くなる要素がたくさんあります。1人でプレーしているのではなく、2人でプレーしているわけですから、お互い言いたいことを言えるような関係を作っていかなければいけません。2人の雰囲気が悪くなることの大きな要因のひとつに、ダブルスの基本がわかっていないということが挙げられます。ここに打ったらここに動く、このシャトルはどちらがとるのと次の動きがスムースかなど、セオリーや基本がわかっていれば、どちらがどうプレーすべきかが明確なのですが、それがわかっていないとミスの原因をお互いにパートナーのせいと思い込みがちになるのです。基本を勉強して、冷静にどうプレーするのがいいのかを理解したうえで、ふたりの長所や弱点をふまえて、ふたりの決まりごとを作っていくことが良いと思います。
http://www.saltalapasta.com/

肩こりの原因

Posted on 11月 7, 2016 by

「肩こりは、直立する人類の宿命」というと言われています。それに加えて、私たちは肩こりを起こしやすい生活環境の中で暮らしています。肩こりの原因は簡単にいうと、肩がこるということは首や肩、背中の筋肉の緊張状態が続いていて、血行障害を招き、その結果、筋肉疲労を起こしている状態です。筋肉の緊張状態が続くと肩がこりやすいので、たとえば、同じ姿勢をとり続けたり、悪い姿勢でいると筋肉の緊張状態が続くことになります。デスクワーク中心でずっと座っている人、タクシーやトラックなどの運転手、美容師など、同じ姿勢を長時間続けている人は、首た肩の筋肉に負荷がかかり、肩こり悩む人が多いものです。同じ姿勢をとり続けてことが、肩こりを招くというのは座り仕事でも、立ち仕事でも同じです。逆に腕や肩を適度に動かす生活をしている人は、肩こりになりにくいのです。良くない姿勢のまま座っているだけでも、首や肩、背中周辺の筋肉に負担をかけています。とくにパソコンでの作業は、同じ姿勢をとり続けるうえに、画面を凝視するために眼精疲労などが加わり非常に肩こりを起こしやすい状態です。 徳永英光の秘密

バレーボールのポジション決定

Posted on 9月 28, 2016 by

バレーボールのチームのなかでだれがどのポジションにつkぅのか。これを決めることは難しいことですが、第一に各自がやりたいところをやるのが一番ではないかと私は考えています。やりたいポジションであれば、苦しい練習も納得して取り組むことができます。ですから、あのポジションをやってみたいと思ったら、監督やコーチにアピールをしてください。ただ、どんなチームにしたいかという監督やコーチの構想もありますし、適性にもとづおて、チームのバランスを考える必要もあります。ポジションを決めるには、どんな適性に着目すればいいのか、見ていきましょう。ポジション決めのひとつの目安として、身長のあることは否定できませn。以前は背の高いプレーヤーはアタッカー、背の低いプレーヤーはレシーバーという考えがありました。ただ、リベロ制が導入されたことによって、背の低いプレーヤーの活躍の幅も広がりました。全日本レベルで考えることきは、世界レベルの強打に対応するために、背の高いリベロが育っていけばよいと思っています。どちらの視点からでも、リベロによって道は開けたと思われます。東京バレーボールアカデニーとは